稲嶺ススム市長 あいさつ

本日は、翁長県知事をはじめとし、国会議員の皆様、県議会議員の皆様、名護市議会議員の皆様をはじめ、市町村議員のみなさん、支援団体、そして支持者のみなさん、公私ともお忙しいところ、私、稲嶺ススムの政策発表にご出席いただきありがとうございます。

SACOの合意以来、20年以上が経過した現在でも、辺野古新基地建設問題は市民を分断し続けております。日米両政府は名護市民、沖縄県民の民意を顧みないばかりか法的手続きも無視して工事を強行している。
安倍政権の強大な権力を振りかざした沖縄への仕打ちは、民主主義や地方自治をもないがしろにするものである。これは名護市にとって、沖縄県にとって許しがたく看過できない大きな問題であります。

さらに、この1年間、名護市安部海岸でのオスプレイの墜落、オーストラリアでの墜落、伊江島奄美大分石垣などなどでの緊急着陸。昨年末には宜野湾市の保育園や小学校への米軍機による部品の落下など、事態は悪化するばかりであります。まさに復帰前に逆戻りしたかのような、あってはならない状況が続いている。これが現状であります。

今回の名護市長選挙では、相手候補は先に政策発表を行っておりますけど、辺野古新基地建設問題の解決にあっては全く言及しておりません。米海兵隊の県外国外移転を求めると明言する一方で、米軍再編交付金は受け取るなどの発言をしております。矛盾に満ちた無責任な発言であります。大事なことをすべて覆い隠し、選挙の争点はずしに専念しています。これは名護市民を愚弄するものであり、あるべき姿ではないというふうに考えております。私は、辺野古の海にも陸にも新しい基地は造らせないことを全面に打ち出し、相手候補との違いを鮮明に、名護市民に対してこの問題に終止符を打つ、名護市民の審判を問う選挙にしたい。名護の未来は名護市民が決める、その思いで本日の政策発表の場を設けたところでございます。

ご案内のように1期目は子どもの瞳が輝く街を掲げ、市民の目線で街づくりを行い、公平公正で透明性のある市政を市民の手に取り戻しました。2期目はすべては子どもたちの未来のために、すべては未来の名護市の未来のためにを掲げ、公約の実現に邁進し、予算の大幅な増加や、保育園の定数拡大等、待機児童ゼロも達成できるところまで多くの政策を実現をいたしました。そして今回の3期目に向けては、子どもの夢、未来つむぐ名護の街をスローガンに、子どもたちが夢を持って活動し、その夢が実現できる街に、そして市民の皆様がいくつになっても生き生きと暮らせる街にしていくために、将来を見据えながら今やるべきことを責任を持って実行してまいりたい。

これまでこれまで実施してきた行政サービス、それらをさらにきめ細やかに、市民おひとりおひとりへ行き届くよう実施をしてまいりたいと考えております。また、翁長知事、沖縄県と協力に連携するとともに、関係機関とあい協力して、大胆に産業振興を行い、名護市の地域経済を飛躍的に発展させる政策を展開してまいりたいと思っております。

お手元にはパンフ。このパンフには大きな柱として7つの柱を掲げ、その柱の一つ一つに細かい政策を配置しております。これらを一部抜粋して説明したいと思います。
以下略)

Scroll to top